薄毛治療のシャンプー選び

薄毛を治療するためには普段からのシャンプー選びも考えましょう。
一般に売られているシャンプーのほとんどは石油由来じの成分のシリコンシャンプーになっています。
このシリコンシャンプーですが、実は抜け毛の原因になることもあるのを知っていましたか?

このシリコンですが、髪の毛のキューティクルに付着して髪の毛をコーティングしてくれるので髪にとってよい効果があると思われがちです。たしかにシリコンシャンプーはコーティングしてくれるおかげでツヤ感がでたり、髪通りが良くなったりとサラサラな髪の毛を作ってくれます。

ですがこのシリコンはコーティングしてくれるだけで髪の毛に水分を与えたりといった保湿をしているわけではありません。
逆にキューティクルを破壊してしまうことになるのです。
髪の毛の痛みを進行させてしまったりするだけでなく、髪の毛についたシリコンが頭皮にまで付着して毛穴をふさぎ、皮脂がたまり頭皮環境を悪化させ、抜け毛を促してしまう恐れだってあるのです。

そうしたことを改善するために最近ではノンシリコンシャンプーが人気ですよね。
シリコンシャンプーを使っていた後にノンシリコンシャンプーを使うと最初はシリコンがはがれてきて、このシャンプー良くないのじゃないかと思うこともありますが、根気よく使い続けると髪の毛や頭皮環境にはとてもよいので、薄毛を治療したいと思っている人にはオススメのシャンプーです。

 

髪の悩みは自分だけのものではない

 

髪の悩みというのは本当に人それぞれ。

何も薄毛だけが髪の悩みではないということ。
髪が薄いどころか、むしろ多すぎて困っている人もいますし、くせ毛で悩んでいる人も。

多すぎてもまとまらなくていやですし、
少なすぎてもボリュームがなくて気になるものです。

薄毛・・・ウィッグや帽子をかぶるなど
くせ毛・・・ストレートパーマ・縮毛矯正
多い毛・・・縛るなど

どれも何らかの対策法があるとはいえ、やっぱり根本的に治療ができるものなら
本来の自分の髪を生かして治療して悩みを解決したいと考えるのが普通だと思います。

天然でいい感じのカールになっている人に対して
「パーマかけなくてもふわふわでいいわね」と思う人もいれば、
「まとまらない髪を扱うのが大変だし、私も風になびくクセのないつやつやストレートになってみたいな」
と思う人もいます。

ないものねだりだと言えばそれまでですが、何事も"ほどほど"にというのが1番理想ではないでしょうか。

ただ、髪が薄いことに関しては対策法や治療に関してはある意味一番方法が少ないというのが問題かもしれません。

生活環境をしっかりと見直したところで、進行して数年経ってしまっている状態でなら
自分の努力だけでは追いつかないかと。
また、薄毛の理由として遺伝的な要素が大きい人は特に自力で治療するというのは難しいでしょう。

薄毛を治療するのではなく、隠す方法として
帽子をかぶったり、ウィッグをかぶったりする方法がありますが
それでは日常生活において常に意識していないといけないというのが
なんだかストレスが溜まってしまいそうですよね。

専門医がいるところで治療して増やすという方法が、
一般的であり、治療効果も1番あると思いますが
料金の問題、期間の問題、一時的な抜け毛進行などの後遺症などのことを考えると
思いきれない人もいるのではないでしょうか。

ただ、薄毛をなんとかできる方法といえば、
やっぱりプロの力を借りて行う発毛・育毛が一番効果が実感できるはずなので、
一時的に我慢して治療を乗り越えるのか、これから一生悩み続けるのかで比べると、
勇気を出して行ってみる方がいいと思いませんか?

AGAの治療を考えている人は市販されている育毛剤を使うよりもまずは皮膚科医に診察してもらうことをおすすめします。

皮膚科で処方される薬というのは医薬品なのでドラッグストアで扱っている医薬部外品よりも高い効き目が期待できます。

処方薬は保険が適用されないため市販薬より高くなってしまいますが効果の薄い育毛剤を使っているよりは結果が期待できますし、長い目で見れば安上がりになるかもしれません。

又、薬だけに頼らずに日々の生活でも頭皮ケアを行うことでより一層、効果が高まるのでおすすめです。

規則正しい生活を意識し、食生活を見直してみると良いでしょう。

AGA治療には飲み薬のプロペシアや塗り薬ではミノキシジルを配合した医薬品が使われます。

プロペシアは病院を受診して処方箋を受けとらなければ手に入れることはできません。

ミノキシジル配合の育毛剤は医師の診察は不要なので薬剤師がいればドラッグストアでも買う事ができます。

ミノキシジルには飲むタイプもありますが国内でAGA治療薬として認められているのは塗り薬だけです。

ミノキシジルの飲み薬はインターネット個人輸入が可能ですが100%自己責任なのでお勧めすることはできません。

AGA治療に用いられるプロペシアにはAGA治療に効果的な数少ない薬です。

ですが、薬と言う物には副作用があるのでプロペシアを使う前にどういった副作用が起きる可能性があるのか知っておきましょう。

プロペシアの副作用で最も気になるものは肝機能障害ですが障害の有無は血液検査でチェックできますから使用前後の変化を調べることが大切です。

又、プロペシアは元々前立腺がんの治療薬だったので前立腺がんの検査結果の数値に誤差が生じる場合もあります。

他には男性でも乳癌を発症したりアレルギー等の発症も危惧されています。

AGAは遺伝の影響を強く受けるので根本治癒することはありません。

AGAを発症する人は遺伝子によって決まってしまうので現在の医療では完治することはありません。

ですから、AGA治療をやめてしまえば抜毛や薄毛は復活してしまうのです。

そうは言っても、AGA治療薬のミノキシジルやプロペシアは医薬品なので副作用が危惧されますから、一生使い続けることには問題があります。

飲み薬であるプロペシアで乳癌になったという報告もありますから結婚などのタイミングがやめどきかもしれません。

AGA治療は保険適用外の自由診療なので治療費は全額自己負担になります。

内服薬のプロペシアは医師の処方箋が必要なので診察料は1回、3000円ほどかかることになります。

更に万有製薬の公表価格ではプロペシアが1錠250円ですから1か月(30錠)で7 500円かかるため合計で1か月1万円以上かかる計算になります。

ミノキシジルは市販薬でも配合されていますので処方箋が無くても買う事ができます。

ミノキシジルを5%も配合している育毛剤にはリアップX5がありますがプロペシアと同額の7 000円以上の費用がかかります。

AGA治療に効果が認められる薬品にはプロペシアとミノキシジルという薬があります。

プロペシアは男性ホルモンの生成を抑制し乱れたヘアサイクルを改善する効果があります。

一方、ミノキシジルには血管を拡げ血行を促進することにより毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化して発毛を促進する効果があります。

しかし、いずれの薬品も発毛剤として開発された薬ではなくもともとプロペシアは前立腺がんの治療薬、ミノキシジルは高血圧の治療薬でした。

どちらの薬にも、薄毛改善効果や発毛促進効果があることが認められたので今ではAGA治療薬としても用いられるようになりました。

AGA治療は保険が適用されませんので費用は100%自己負担ということになります。

AGA治療が開始された当時の治療薬は万有製薬のプロペシアしかなくひと月で約1万円ほどの費用を要しました。

保険適用外の医薬品はドラッグストアの市販薬と同じ扱いになりますので値段は各販売店で自由に設定することができます。

そのため、処方箋薬局で購入する薬品ではありますが価格差が生じ店によっては数千円の価格差があったのです。

また、処方箋をもらうためには診察を受ける必要がありますので薬代以外にも、再診料や診察料もかかります。

AGAとは男性ホルモンにより発症するものなのですが生活習慣や食生活も大きく影響しています。

人間の身体は血液が循環されることによって酸素や栄養が運ばれますから健康な身体を維持するには血流が重要となります。

髪に必要である栄養素も血流によって運ばれてきますからAGA治療をしている人は血流を改善させることを心がける必要があります。

運動不足やストレスは血管を収縮させるので薄毛治療には大敵ですが喫煙も血管を収縮させるため薄毛治療の妨げとなります。

頭皮が硬くなってしまったりうっ血してしまっている人はゆっくり入浴することなどが効果的です。

AGA治療で使われるフィナステリドやプロペシアには初期脱毛と呼ばれる副作用を起こすことがあります。

薄毛治療をしているのに毛が抜けるなんて薬が合っていないのではないかと不安になってしまいますね。

しかし、初期脱毛を発症するという事は薬効がではじめたという事なので心配したり悲観する事ではなく、喜ぶべき症状なのです。

初期脱毛によって抜けた毛はというのは不健康な毛ですのでそれらが抜けた後、健康で丈夫な毛が生えてきます。

初期脱毛はAGA治療を開始してから1から2ヶ月の間に発症すると言われミノキシジルをでも同様の副作用があります。

AGA治療のCMに起用された最初の芸能人はお笑いコンビの爆笑問題のお二人でした。

「お医者さんに相談だ~」という歌はハゲの暗いイメージを吹き飛ばしてくれました。

このコマーシャルのおかげか、AGA治療も一般的になりAGA治療をしていると公言している芸能人の方も多くいらっしゃいます。

俳優さんやアーティストの方もCMに起用されることでAGA治療に踏み出しやすくなったのではないでしょうか。

最近ではフサフサな人がコマーシャルに起用されているので若干の違和感は否めませんが薄毛の人が起用されると、全然効果ないじゃんと思われてしまうのかもしれませんね。

AGAは遺伝により発症しますので個人の体質が大きな要因となります。

AGA治療はあくまで症状を食い止めるための対症療法にすぎないので薄毛が完全に治るというものではありません。

ですから、AGA治療を止めてしまうと再び進行しはじめてしまいます。

しかし、AGA治療薬も医薬品なので副作用がありますからずっと使い続けるのも心配がありますし治療費もかさみます。

ですので、ある程度の所まで薄毛が改善が確認できたらAGA治療を途中でやめるというのも1つの方法です。

AGAというものは成人男性に見られる脱毛症なので女性の発症例はありません。

脱毛してしまう原因は男性ホルモンが起因しているとして治療薬には男性ホルモンを抑制する薬が使われます。

AGAの治療薬にはプロペシアが使われますが、この薬品はDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えることで効果が発揮されます。

AGAが起因する脱毛箇所にはDHTが高濃度に存在していることがわかっておりこの成分のせいでヘアサイクルの成長期が短くなってしまうと考えられます。

成長期が短くなることによって頭髪が十分に成長する前に抜けてしまうため細く短い頭髪が増えてしまうことで薄毛が目立つようになってしまうのです。

AGA治療薬として使われるプロペシアは処方箋をもらうために通院しなければ買う事ができません。

医薬品なので店頭に陳列されていることもなく自由診療なので保険の適用外でした。

そんな状況が続いていましたが、プロペシアにもジェネリックが開発され従来と同じ成分で半額以下の薬品も販売されるようになりました。

ジェネリック医薬品はドイツやイギリスなどで広く普及しており先発医薬品と同じ有効成分を使いますが味や形状を変えることもあります。

先発医薬品で厳しい基準をクリアしていますから新規で開発する部分が少ないのでローコスト化が可能になります。

AGA治療に真剣に取り組むのであれば日々の食生活にも気を付けることが大事です。

毎日忙しくてファストフードやコンビニ弁当では栄養が偏ったり塩分が多くて血行不良になってしまいます。

日頃から髪の素となるタンパク質やビタミンを多く摂取するようにし亜鉛もきちんと摂取し抜け毛や白髪の予防をしていきましょう。

タンパク質はタマゴや乳製品、ビタミンは緑黄色野菜など亜鉛は牡蠣やレバーなどに多く含まれています。

また、緑茶に含まれるカテキンは血圧の上昇を抑制してくれるほかリラックスさせてくれる効果もあるのでストレスの軽減にも有効です。

AGA治療をできるだけ安くしたいのなら市販の育毛剤を使うのも方法です。

様々な有効成分が多く配合された育毛剤が販売されており薬剤師がいるドラッグストアなら処方箋なしで買う事ができます。

インターネットでミノキシジルを個人輸入する人もいるようですが安全面で疑問がありますのでお勧めできません。

頭皮の血行を改善して細胞活動を活性化させることがミノキシジルの薬効なので同様の効果がある保険適用薬を使えば安くすることができます。

音楽を聴いてリラックスすることやバランスの良い食生活を送ることもAGA治療には有効です。

関連ページ